ホームホワイトニングよりもオフィスホワイトニング?

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングはどちらがいいのでしょうか。それぞれにメリットとデメリットがありますが、歯医者さんにホワイトニングをしてもらうほうオフィスホワイトニングのほうが安心感を感じることが出来るでしょう。

歯型オフィスホワイトニングとは歯医者さんで行うホワイトニング方法です。歯医者さんにホワイトニングを行ってもらうことをオフィスホワイトニングと言います。ホームホワイトニングとは歯医者さんの指示のもと、自宅で行うホワイトニング方法です。歯医者さんで歯型をとってから自分用のマウスピースを作り、そのマウスピースにホワイトニング剤を注入してから毎日一定時間装着することでホワイトニングを行います。

オフィスホワイトニングとは1時間程度の施術を1回行うだけで効果を実感することができますが、ホームホワイトニングは2週間から4週間くらいで変化を実感することができます。そしてホームホワイトニングは毎日2時間程度マウスピースをつけなければいけません。そのため普段忙しい人はオフィスホワイトニングで一気にホワイトニングを行うほうがよいと言えます。しかしホワイトニング効果の持続力としてオフィスホワイトニングが色戻りが早いのに対して、ホームホワイトニングの色戻りは遅いことが知られています。そのためどちらも一長一短です。

【参考サイト】湘南美容クリニック

ホワイトニングのメリットデメリット

ホワイトニングをするのはメリットだけでなくデメリットもあります。ホワイトニングをする前にメリットとデメリットを知っておくことが必要です。

ホワイトニングホワイトニングの一番のメリットは歯を白くすることが出来ることです。歯の色が気になり、歯を見せて笑うことが出来ない人は明るい自分を手に入れることが出来る機会になります。ホワイトニングの大きなメリットは歯を削らないことです。かぶせ物を使わずに歯の表面に薬剤を塗るので自分の歯を削ることなく、歯を白くすることが可能になります。またそのようなことから歯への負担が少ないことも大きなメリットです。

ホワイトニングのデメリットは天然の歯にのみ有効な手段であるため、差し歯や詰め物などを白くすることはできないといわれています。またホワイトニングはすべての人ができるわけではなく、妊娠中や授乳中の人にはホワイトニングをしてはいけません。

このようにホワイトニングをするときにはメリットとデメリットを知っておくことが必要です。自分の判断のみでホワイトニングを行うのではなく歯科医師にもアドバイスをもらい、ホワイトニングを行うことが大切になります。この機会にホワイトニングを検討してみてはどうでしょうか。

オフィスホワイトニングの流れ

歯を白くしたい人なら、オフィスホワイトニングという言葉を聞いたことがあるでしょう。実際にオフィスホワイトニングとはどのような流れで行われるのでしょうか。施術の流れについて説明します。

カウンセラーオフィスホワイトニングはまず、カウンセラーからホワイトニングの説明を受けるところから始まります。そして歯の健康状態の確認です。まずは口内環境の確認をして、歯の健康状態が良好だった場合は歯の色の測定に入ります。そして着色や汚れの状態を確認し、口内のクリーニングを行います。歯石の除去が必要になった場合は期間を空けてから行うことになるのです。

ここまでで問題がなければ歯茎の保護をしてからホワイトニングジェルを塗り、光を当てます。この作業を数回繰り返し、フッ素を塗ります。およそオフィスホワイトニングには1時間程度かかり、1時間で歯の白さが大幅に上がるのです

またオフィスホワイトニングをしたからといって永久に白い歯が手に入るわけではありません。何のケアもしないでおくと1年から3年程度で元の色に戻ってしまうと言われています。綺麗で清潔感のある白い歯を維持するためには、定期的にケアを受けることやホームホワイトニングをすることが大切になります。

オフィスホワイトニングの特徴!

美しさや機能のことを考えた総合的な歯科医療のことを審美歯科と言います。オフィスホワイトニングのメリットや施術の流れについて説明します。

歯科オフィスホワイトニングの流れはホワイトニングの説明を受けるところから始まり、歯の健康状態の確認をします。口内環境を確認して、歯の健康状態に問題がなかった場合には歯の色の測定に入ります。そして口内環境を確認してから口の中のクリーニングを行います。歯茎の保護をしてからジェルを塗って光を当てます。この作業を数回繰り返してフッ素をぬり、大体1時間程度ですべての作業は終わりになります。

もちろんオフィスホワイトニングにもメリット・デメリットがあり、オフィスホワイトニングには保険が適用されない自由医療のため高額なお金がかかってしまうのです。価格は歯医者さんにより設定が違うので事前に確認しておくことが大切です。

それ以外に歯医者さんから指導を受けて自宅でホワイトニングを行う、ホームホワイトニングという手法もあります。ホームホワイトニングもオフィスホワイトニングにもメリットとデメリットがあり、一長一短でどちらがいいとは一概には言えません。値段はかかりますがホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを両方行うものもあります。
このサイトではオフィスホワイトニングの流れとメリット・デメリット、ホームホワイトニングの特徴とオフィスホワイトニングの特徴について説明しています。参考になれば幸いです。